1. ホーム > 
  2. 新着情報一覧 > 
  3. スタインウェイアーティスト 古畑祥子 ピアノリサイタルを開催いたします。

スタインウェイアーティスト 古畑祥子 ピアノリサイタルを開催いたします。

日時/

2018年7月8日(日) 13:30開場 14:00開演

会場/
馬車道ピアノサロン
入場料/
2,000円 
演奏曲目/
  1. F.ショパン/ノクターン第20番 嬰ハ短調 KK.IVa-16「遺作」
  2. F.ショパン/12の練習曲 Op.25-7
  3. F.ショパン/12の練習曲 Op.10-12「革命」
  4. F.ショパン/ピアノソナタ第2番 Op.35 変ロ短調
  5. M.ムソルグスキー/組曲「展覧会の絵」
スタインウェイアーティスト 古畑祥子 ピアノリサイタルを開催いたします。
Piano/
祥子古畑=ケルスティング
ヨーロッパで最も人気のあるピアニストの一人。定期的にイタリア、スペイン、ドイツ、スイス、オランダ、イギリスとコンサート活動をしている。横浜生まれ横須賀出身。2017年にはカーネギーホールで総立ちのデビューを飾る。2012年サントリーホールデビュー、2013年ロンドン、2014年バーゼル、2015年ルクセンブルクでデビューコンサート、2017年はカーネギーホールのほか、ウェールズ、リーズ、エジンバラでデビューいずれも総立ち大盛況に終わる。ソロリサイタルのほか国際的なオーケストラ、ロシア国立フイルハーモニー、ドイツラジオフイルハーモニー、プファルツシアターオーケストラなどのオーケストラとソリストとして共演し好評をえている。南西ドイツテレビ出演、南西ドイツラジオ出演、ザーリッシュラジオ出演、いずれも演奏が放送されている。ユーロクラッシック、ラインラントプファルツ州夏の音楽祭、などいろいろな音楽祭に招待され演奏。2012年にハンブルク及びニューヨークでスタインウェイアーティストとして認定される。CDはクラシックCDレーベルで有名なOehmsクラッシックから2枚出している。2018年はベートーベンのピアノ協奏曲4番、コアファンタジー、モーツアルトのピアノ協奏曲ニ短調KV.466をオーケストラと共演することになっているほか、ロンドン、ストックホルム、トロント、ニューヨーク、サンフランシスコ、ベルリン、ハンブルクなど大都市でソロコンサートが行われる。3歳からピアノを習い武蔵野音楽大学を卒業、デトモルト音楽大学大学院、デュッセルドルフ音楽大学大学院で研鑽を積んでいる。アルヌルフ フォン アルニム、ロベルト ツィドン、デトレフ クラウス、ウイリアム ブロンズに師事。

ご予約、および詳細につきましては下記までお問い合わせください。
【TEL】045-211-2593 【FAX】045-212-0598
【E-MAIL】piano@nonaka.com

PAGE TOP